六角脳枕はアスリートにも愛用されています!

アスリート

サラリーマンやOLさんでも、しっかり睡眠が摂れなくなったら仕事のパフォーマンスが落ちちゃいますね。

身体の筋肉を酷使するアスリートならば、なおさらの事、睡眠が重要になってきます。

睡眠は健康管理、自己管理の1つ。

スポーツの世界では、上手な睡眠管理も良いアスリートの条件になります。

海外遠征になると時差があるため、なおさら睡眠の管理が大切。

そんなアスリートは寝具にもこだわりを持つのは当然の事かもしれません。

酷使された筋肉は、寝ている間に急速モードに入ってエネルギーをチャージして疲労回復させます。

また、成長ホルモンが分泌されることによって、新陳代謝が活性化され、破壊された筋肉線維も修復されます。

睡眠が十分にとれなかった場合には、集中力、反応時間や認知能力、そしてパフォーマンスにも悪影響が出てきます。

ですので、アスリートは、体力を回復させるために、そして脳神経に係わる能力を発揮できるようにしっかりと睡眠時間を摂ることが大切です。

六角脳枕を愛用しているアスリートとしては、フットサルのバルドラール浦安の高橋健介選手や杉尾浩平選手、そしてバンクーバー五輪のオリンピック選手の酒井裕唯選手などが知られています。

もちろん、有名・無名にかかわらず、他にも数多くのアスリートが六角脳枕を愛用していると推測されます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ