「六角脳枕について」の記事一覧

六角脳枕は、肩こりや首こりなどに悩んでいる方におすすめ!

肩こりの女性

 
毎朝、起きて清々しいスッキリした気分になれていますか?

「朝起きると肩こりや首こりが酷いんだけど、何とかならないかな~?」

そんな風に悩んでいらっしゃる方もいらっしゃると思います。
 

30日間返金保証!!
話題の安眠枕!「六角脳枕」はコチラ!
 

  
肩こりや首こりの原因の1つに、仰向けで寝ている時と横向きで寝ている時の頭の高さの違いがあります。

その高さに差がある分だけ首や肩に負担が掛かる訳です。

そして、寝ている最中に寝返りがスムーズに行われていないと、首や肩の負担によって肩こり、首こりになってしまうのです。

ここでは、寝返りがスムーズにできて熟睡できると口コミやメディアで話題の「六角脳枕」についてご紹介します。

六角脳枕

30日間返金保証!!
安眠枕!「六角脳枕」に興味がある方は下の画像をクリックして
詳しい情報をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 

六角脳枕を使うとどうして熟睡できるのか?その3つの秘密とは?

●その1:W型の凸凹構造で快適な寝返りを打てる

六角脳枕の凸凹構造

六角脳枕はW型の凸凹構造になっています。

実は、このW型の凸凹構造は、スムーズな寝返りを実現して首や肩への負担を軽減するのです。

人の頭部は成人では約6~8kgという重さで、起きている時には、その重たい頭部を首や肩で支えています。

そして、その首や肩の負担を睡眠中に軽減しているのが「寝返り」になります。

この「寝返り」がスムーズにできないと首や肩に負担がかかり、首こりや肩こり、首の痛みなどの原因になります。

六角脳枕は凸凹構造になっているので、寝返りを打って仰向けになっても横向きになってもちゃんと頭にフィットするようになっています。

そして、その凸凹構造はちょうど良いゆらぎを与えてくれるので心地良く眠ることができます
 
 
●その2:六角脳枕のヒンヤリ構造で眠りに就きやすくなる

六角脳枕のw構造

ちょうどW型の凹んでいる部分に保冷剤が左右1本ずつ入っています。

冬の夜はとても寒いですが、エアコンやストーブで頭部を暖めてしまうと、頭が熱を持ってしまい眠りに就きにくく、眠り自体も浅くなります。

「頭寒足熱」という言葉がありますが、ぐっすりと眠りに就くには「頭を冷やして足元を暖める」というのが人間の生理にかなった方法です。

六角脳枕には、冬場でも冷たすぎない快適なヒンヤリ感を出すために、保冷剤が2個所入っています。

この保冷材によって頭部の温度を下げると、頭に流れ込む血液の量が安定し頭がのぼせるのを防ぎます。

そして体全体が循環の良い状態になり、寝付きやすくなるのです。
 
 
●秘密その3:独自開発ウレタンの「低反発マイクロウェーブ素材」を採用

六角脳枕は開発段階において、首こり、肩こり、快適な眠りにこだわって設計され、さらに素材選びにもこだわっています。

素材を選ぶ段階では、体への負担が軽く寝返りが打ちやすい「低反発マイクロウェーブ素材」が採用されています。

「低反発マイクロウェーブ素材」は、通気性が良い素材です。

熱かったり寒かったりなど温度の変化にも影響を受けにくく、寒い冬場でも固くならずに同じ感覚で使えるメリットがあります。

そして頭や首、肩にしっくり馴染んで一体化するよなフィット感があり、寝返りする際でも首への負担も小さい優良な素材です。

 

30日間返金保証!!
安眠枕!「六角脳枕」に興味がある方は下の画像をクリックして
詳しい情報をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 

六角脳枕はアスリートにも愛用されています!

アスリート

サラリーマンやOLさんでも、しっかり睡眠が摂れなくなったら仕事のパフォーマンスが落ちちゃいますね。

身体の筋肉を酷使するアスリートならば、なおさらの事、睡眠が重要になってきます。

睡眠は健康管理、自己管理の1つ。

スポーツの世界では、上手な睡眠管理も良いアスリートの条件になります。

海外遠征になると時差があるため、なおさら睡眠の管理が大切。

そんなアスリートは寝具にもこだわりを持つのは当然の事かもしれません。

酷使された筋肉は、寝ている間に急速モードに入ってエネルギーをチャージして疲労回復させます。

また、成長ホルモンが分泌されることによって、新陳代謝が活性化され、破壊された筋肉線維も修復されます。

睡眠が十分にとれなかった場合には、集中力、反応時間や認知能力、そしてパフォーマンスにも悪影響が出てきます。

ですので、アスリートは、体力を回復させるために、そして脳神経に係わる能力を発揮できるようにしっかりと睡眠時間を摂ることが大切です。

六角脳枕を愛用しているアスリートとしては、フットサルのバルドラール浦安の高橋健介選手や杉尾浩平選手、そしてバンクーバー五輪のオリンピック選手の酒井裕唯選手などが知られています。

もちろん、有名・無名にかかわらず、他にも数多くのアスリートが六角脳枕を愛用していると推測されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ